眼精疲労を改善して視力を良くする|目によい栄養素で疲労回復

女性が抱える様々な不調

サプリ

更年期障害は、40代から50代の女性にとって日常生活が快適に送ることができるか重要なことです。日常生活に支障がでる時は、早めに専門家に相談して薬の治療をすることが重要です。薬を上手くりようして、日常の不調を改善して快適な暮らしを手に入れて下さい。

More...

目をいたわるために

目を触る女性

主な原因は目の使いすぎ

眼精疲労は読書やパソコンの作業で、目を使い目が疲れて重たい感じがするだけでなく、そのために全身にも疲労感が出たり、肩こり、頭痛、吐き気などの症状が出ます。医学的には、目が疲れていても休憩したり眠ったりすると良くなる場合は疲れ目といい、症状が良くならず慢性的になっている場合は眼精疲労と言っています。眼精疲労の原因は、目の使いすぎによるものが代表的ですが、その他に近視や老眼など視力の問題や、ドライアイなどの病気も原因になります。緑内障や白内障の病気も視力が欠けてしまうため眼精疲労につながります。またストレスでもなりやすいと言われています。目の病気が原因のときは、治療を行うことが大切です。また眼鏡やコンタクトをしている場合は合わなくなってきている可能性があるので、眼科などで相談することも大切です。

改善する方法

目の使いすぎによる眼精疲労の場合は、目の周りの筋肉が固まって血行不良になり症状が出ていることが多いです。蒸しタオルを目にのせて目の周りを温めて筋肉をほぐしたり、目の周りや眉毛のあたりをマッサージし血行を良くすることが効果的で即効性があります。また眼精疲労や疲れ目に効くサプリメントも多く発売されています。目に良く効くと言われているルテインやアントシアニンを多く含むものがおすすめです。サプリメントの効果は個人差がありますが、継続して服用することで効果は期待出来ます。現代ではスマホやパソコンなどは仕事で良く使い、なくてはならないものですが、その生活ではどうしても目を酷使してしまいます。疲れを感じたら休憩したりマッサージしたり、サプリメントを服用し目をいたわることが大切です。

セルフケアの仕方

治療薬

女性は更年期に差し掛かると女性ホルモンのエストロゲンが減少します。それによって更年期障害になる人もいます。軽度であれば、女性ホルモンを増やすサプリメントを飲むことでセルフケアができます。重症の場合は病院に行って治療を受ける必要があります。

More...

多くの女性が経験すること

瓶に入った生薬

更年期の特有の症状が出始めたら漢方で症状を緩和させましょう。漢方は身体に害がありませんし、安心して服用できます。更年期障害は何もしなくても完治するひともいますが、症状が重くなるようならば漢方などで症状を緩和させてください。

More...