ワークフロー機能の付いてるクラウド♪

ワークフローを活用して業務効率化を目指す!

今まで人が行ってきた業務の負担を軽減を目指していきます。ワークフローを活用すると、一人一人の負担を減らしながら処理のスピードを上げることができます。人的ミスが減少し、生産性をアップすることができます。

ワークフローシステムがあれば、生産性をアップできる

ウーマン

ワークフローはシステムで管理できる

今まで当たり前のように行われていた人的作業をシステム化することによって、人件費削減やペーパーレス化による経費削減といったコスト面に注目しがちですが、管理面に関しても問題を改善することが可能になります。申請書や稟議書の紛失問題が解決し、今まで安易に行われていた他の人に承認の捺印をしてもらうといった代理承認は、ワークフローでは手続きが必要です。保管管理もしっかり行うことができるため、監査のときに必要な書類をスムーズに探し出すことが可能になります。

複数の人

コミュニケーションツールの種類とそれぞれの特徴

企業で利用されているコミュニケーションツールのメインはメールでしたが、最近はSNSやチャットなど、さまざまなツールが使われるようになってきています。チャットでは資料を簡単な操作でアップすることができ、1対1の連絡からグループへ一斉送信までメッセージを送ることが可能です。プロジェクト管理では、プロジェクトの進捗状況などをグループ内で情報共有することができます。SNSでは堅苦しい情報共有ではなく、フランクな情報を伝達や共有が可能です。

男性

フィンテックを取り入れて更なる業績アップを図る

フィンテックを経理業務に取り入れることによって、決済手数料が安くなり決済履歴や支払履歴も簡単に管理が可能になります。海外に拠点がある企業では、手数料を安く抑えながらも即時送金が可能になる利便性の高さも注目です。経理部門での作業を削減することができ効率が良くなります。お客様のモバイル端末にアプリをダウンロードしてもらうと、決済用として利用することができ、会計のスピードアップのサービスが可能になります。ほかにも、顧客リストや購入履歴の情報を入手でき、事業に利用して業績アップに繋げることも可能になります。

従業員満足度とは?

企業で働く従業員満足度は待遇面だけ測ることはできません。福利厚生や自分に対する評価やモチベーション、そして職場環境が大きく左右します。従業員ひとりひとりの会社への満足度をアップさせることによって、会社の業績をアップさせることが可能になります。

従業員満足度を調べるメリット3選

男性と女性
no.1

業務の質の向上に繋がる

従業員の仕事への意欲を掻き立てるきっかけを分析することができます。仕事への意欲は、業務の質の向上に繋げることができ顧客へのサービスへと反映することができます。

no.2

人材流出を防ぐ

社内間での人間関係や仕事の量など、普段口にしないことで不満に思っていることを把握することができます。不満が精神的に重くのしかかり、優秀な社員が退職してしまうことは企業の損失へと繋がっていきます。

no.3

優秀な人材を集めることができる

調査結果から職場環境改善などを行うと、働きがいのある会社として世間から評価をされます。新卒や中途などの採用活動時には、ぜひ働きたいという優秀な人材を集めることが可能になります。

[PR]
会社でコミュニケーションツールを導入
作業効率アップ

[PR]
従業員満足度調査を実施しよう
専用ソフトの導入が最適

広告募集中