眼精疲労を改善して視力を良くする|目によい栄養素で疲労回復

セルフケアの仕方

治療薬

乗り切る方法

50歳を挟んだ10年間を一般的に「更年期」といいます。更年期には女性ホルモンのエストロゲンが減少することで、体に様々な悪い影響が出てきます。そしてその症状のことを更年期障害といいます。更年期障害になったら、病院に行って治療を受けるか、セルフケアで済ませるかの二通りの選択肢があります。症状が重い場合は病院に行くのが賢明です。しかし、軽い症状であれば、セルフケアで乗り切ることができます。セルフケアをサポートするのがサプリメントです。プラセンタエキスや大豆イソフラボンのサプリメントには、女性ホルモンに働きかけてバランスを整える効果があります。サプリメントを上手に活用することで更年期障害を改善できます。

症状が現れたら

更年期障害には個人差があり、症状の種類や出方や出るタイミングなどは人それぞれです。最初によくでるのが、めまいや頭痛、不眠、ほてり、発汗、冷え、疲労感、倦怠感、イライラなどです。40代後半になってこれらの症状が出るようになったら、更年期障害の可能性があります。更年期に出る症状の中には、重篤な病気につながるものもあります。自分では更年期障害だと思っていても、実は高血圧症、心臓病、うつ病、狭心症、子宮がんなどの違う病気だったというケースもあります。そのため、サプリメントを飲んでも改善が見受けられない場合は、病院に行って調べてもらうことが大切です。「更年期だから仕方がない」と諦めず、積極的に治療をすることをお勧めします。