眼精疲労を改善して視力を良くする|目によい栄養素で疲労回復

女性が抱える様々な不調

サプリ

女性ホルモンの影響

40代から50代にかけて、女性はホルモンバランスの崩れることによって、心や体の不調が出てきます。女性ホルモンの影響で様々な不調が出ることを更年期障害といいます。更年期障害は、人それぞれ症状がいろいろ出る人もいます。中には、全く出ない人もいます。更年期障害は、女性ホルモンが深く関係していますが、その女性ホルモンに影響を与えるのは、日常生活のストレスや睡眠不足や運動不足など環境です。女性は、結婚や出産、子育てや介護など環境が変わりやすい生活を送っている人が多いので、生活環境の変化が女性ホルモンに影響をして、自律神経を崩しやすいのです。主な更年期障害の症状は、ほてりや発汗、頭痛、動悸など様々な不調が出ます。ひどい症状が続いて日常生活に支障がでる場合は、婦人科に相談して薬の治療ができます。

更年期の不調を改善したい

更年期障害の症状を改善する為の薬は何種類かあります。主な治療はホルモン補充療法となります。更年期障害は、女性ホルモンであるエストロゲンが急激に減少するために起こります。ですから、エストロゲンを補充する薬を飲むと症状が抑えられます。ホルモン療法の他に、漢方薬の治療もあります。漢方薬の治療は、不調な症状を取り除きながら、ホルモンの減少に体が対応できるような体を作っていくことが目的です。幅広い症状に対応して、副作用も少ないのが特徴です。更年期障害で病院の通院が好ましくないと考える人は、サプリメントで更年期障害を緩和するという手段もあります。更年期障害は女性ホルモンの分泌減少が原因なので、女性ホルモンと同じような働きをする成分を補うことで症状が緩和します。サプリ成分で代表的なのが、大豆イソフラボンやプエラリア、ローヤルゼリーなどです。更年期障害になった時の緩和措置の一つとして、活用すると良いです。